遺言書を作るメリットとは?

遺言書を作るメリットとは?

遺言書を作るメリットとは?


人が無くなって相続が始まると、のこされた財産の分け方を巡って様々な争いが起こるものです。死後の願いとしては、そのような争いを起こさず、家族仲良く暮らしてほしいというのが本音でしょう。しかし、財産が絡むとそうきれいに事が運ぶことは少ないのです。
死後の願いをかなえるためには、自分の亡くなった後の相続手続きについて考え、それを遺言などの書面に残しておくことが必要です。まだまだ元気だから大丈夫と思っていても、突然亡くなる人もいるのです。そのような場合の紛争防止のために準備をしておくことが必要なのです。遺言で指定していれば、争いを避けられるメリットがあります。
配偶者や子がいて相続人が誰になるのかわかりやすい場合は、どのように財産を分けるのかが分かるように書面にしておきましょう。基本的にはどのような割合で分けてもよいですが、あまり極端な場合は相続分の少なかった相続人が「遺留分減殺請求」というものをすることができる場合があります。そうすると遺言の効力も部分的に覆るので、法定相続分を目安に分けておくとそのようなトラブルを防げます。
遺言は一度作って安心せず、たびたび見直しておきましょう。処分してしまった財産、相続人となるはずだった人が先に亡くなっているということもあります。誕生日などに年に一度程度見直して、一年間元気で生きてきたことに感謝しつつ再び作り直すとよいでしょう。