遺言書を作るメリットとは?

遺言書を作るメリットとは?

発見したときどうする?


 

 

相続が発生した時、遺言に関する書面を発見した場合の注意点として、公正証書の遺言以外については家庭裁判所の「検認」という手続きを申し立てる必要があります。この手続きを経ずに、遺言に関する書面を開封した場合には5万円以下の過料に処せられることになっています。また、家庭裁判所の手続きというと、少し怖い感じもしますが、検認手続は相続人等の立ち会いのもとに遺言に関する書面を開封して、遺言内容が法律で定められた要件を満たして作成されているかを確認し、その内容を相続人等に知らせるものであり、かつ、遺言に関する書面の偽造や変造を防止することにあります。即ち、この手続きは遺言に関する書面の内容の正確性や適格性を判断し、その有効・無効を判断する手続きではありません。なお、家庭裁判所のこの手続きに立ち会えない相続人等に対しては、その相続人等に手続きが終了した旨の通知がされます。従って、公正証書以外の遺言に関する書面を発見した場合に重要なのは、まず冷静になり、開封をしないことです。もし、開封したとしても、その遺言に関する書面や内容が無効になるわけではありませんが、他の相続人等から「この筆跡は本人のものではない」とか「違う内容の書面もあったはずだ」と言われかねません。