遺言書を作るメリットとは?

遺言書を作るメリットとは?

検認手続きとは?


 

 

公正証書遺言以外の、自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合は、発見してもすぐに開封することは出来ません。
勝手に開封すると5万円以下の罰金が科せられるので注意をしましょう。
自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見した場合は、家庭裁判所で検認手続きを受けなければいけません。
検認手続きとは書かれた書面の形状や加除訂正の状態の確認、日付や署名などの内容を確認し、偽造・変造を防止するための手続きです。
また、相続人などの関係者に遺言があったことを知らせるという意味もあります。
検認申立書を提出し、相続人の立会いのもと遺言が開封され、中身の検認が行われます。
もし偽造の疑いがあったり、内容に納得が出来ないような場合は、遺言書無効確認の訴えを行い訴訟を起こすことが出来ます。
それにより無効だと判断されれば、その遺言は無かったものとして遺産分割協議を進めていくことになります。
このことから、遺言の検認作業というのは大変重要な意味を持つ行いだということが理解できます。
公正証書遺言にすれば、このような一連の作業は不要になりますが、その分手間やお金がかかります。
どんな手段でもそれぞれメリット・デメリットがありますが、大切なのは正しい手続きを行い、不備がないように最新の注意を払うということです。