遺言書を作るメリットとは?

遺言書を作るメリットとは?

相続人間の利害を調整しながら適正な処理を行う人


遺言執行者とは、相続人間の利害を調整しながら適正な処理を行う人のことです。遺言の内容と趣旨に沿って、相続人の代理として各種の手続きを行います。執行者は遺言で指定される場合と家庭裁判所によって選任される場合とがあります。

執行者を選ぶ理由はなんでしょうか。それは、相続分の指定や遺産分割のように執行を必要としない場合はともかく、認知の遺言があればその認知届け、相続人以外への遺贈があればその引き渡しや登記という執行が必要になるからです。また相続人間の紛争を緩和することも期待できます。

相続人に認知された被嫡出子Aがいる場合、遺産分割が終わっていなければAを含めて遺産分割協議を行うことになります。遺産分割が終わっていればAを除外して行われた遺産分割協議は無効となり、やり直しになります。

相続人廃除は、被相続人に虐待もしくは重大な侮辱を加えたとき、その他の著しい非行があったとき、被相続人の意志により相続権をを奪う制度です。対象は遺留分を有する推定相続人に限られます。その手続きは、被相続人の住所地の家庭裁判所に申し立てて、調停または裁判によって審理されます。調停または審判が確定すると、被排除者である相続人は直ちに相続権を失います。

このように相続はこのようにデリケートな問題を常にはらんでいるため、執行人を立てて遺言を実行することが賢明と言えます。