遺言書を作るメリットとは?

遺言書を作るメリットとは?

取り消しはできる?


 

 

遺言の取り消しはできるのかという疑問を抱く人が時おりいますが、遺言は、その作成者の自由意思によって作成されるという観点で言えば、当然「取り消しができる」ということになります。
自分の遺言を作成する人のことを遺言者(つまり、本人)と呼びますが、現在の日本の法律(民法)では、遺言の法的効力が認められています。そしてこれは、「遺言の作成」だけでなく、「遺言の撤回」の部分までしっかりと認められています。ですから、遺言者であれば、たとえ一度作成した遺言であっても、いつでも自由に取り消し、無効にすることができます。
ただし、取り消す際にきをつけなければならないこともあります。たとえば、遺言者に取り消しの意図がなくても、何らかの事情で故意に遺言の一部を破棄した場合には、その部分については取り消したとみなされます。また、その中に何らかの「物」についての記述があり、遺言者がその「物」を故意に破損、破棄した場合にも、その「物」にまつわる遺言についてはすべて取り消しの扱いになるということも、法的に定められています。
また、遺言が2通以上ある場合には、一番新しいものだけが有効になり、それ以前の遺言に関しては、最新の内容と相反する部分はすべて無効となります。