遺言書を作るメリットとは?

遺言書を作るメリットとは?

発見から遺言執行までの流れ


 

 

家族の誰かが亡くなった場合は、公証役場に問い合わせをすると公正証書遺言が保管されているケースがあります。
これは、亡くなった人が事前に公証役場において自分の遺言を残しておいたケースです。
公証役場で残した遺言は、家庭裁判所の検認を受けること無く開封してもよいので、存在が確認された時は家族が速やかに開封しても構いません。
遺言には、遺言執行者と呼ばれる人が指定されるケースがあります。これは故人の残された遺言を確実に執行するために指名された人物のことで、弁護士などの第三者の専門家が遺言執行者になったほうが、手続きもスムーズに出来て、様々なトラブルを未然に防ぐことが出来るのでオススメです。
そして、遺言執行者になったという旨を相続人に連絡した上で、相続財産を分かりやすくひとまとめにして交付したり、名義変更などの手続きを行うのが役目です。
相続人が遺言執行者になることも可能ですが、財産の取り分などで揉めるケースもあるので、出来れば第利害関係が全くない第三者の専門家を指定するとよいでしょう。
財産を分配して、執行者本人も報酬を受け取ったら一連の遺言に関する業務は終了です。
発見から執行に至るまで、スムーズに行いやすいのが特徴です。