遺言書を作るメリットとは?

遺言書を作るメリットとは?

遺言を作れるのはどんな人?


 

 

自分がこの世を去ることを想定して、遺族にその遺志を伝えるために書くのが「遺言」であることはすでにご存じのことと思いますが、遺言は誰が書いてもよいというものではありません。遺言を書く人のことを「遺言者」と呼びますが、遺言者、すなわち、「遺言を作ることができる人」は、一定の条件をクリアしていなければなりません。
たとえば、遺言者になるための年齢が15歳以上であるなどの物理的、基本的なこともそうですが、遺言者としての認識がしっかりしていることも同時に求められます。この、「遺言者としての認識」とは、遺言がどんな意味をもち、自分が遺言を作ったことによって、遺族に対し法的にどのような効力が発揮されるのかを指します。そして、遺言者としての認識がしっかりとできていて、遺言を書くことができることを「遺言能力」と呼びます。遺言者になるためには、これを備えていることが必須条件です。
このあたりのことは、すべて民法で定められていることですので、上記のことがらはすべて法的効力があります。また、遺言は遺言者にのみその作成が許されており、代理などは一切認められていません。ただし、代筆や遺言の保管は第三者に委託することが許されています。